# ラーメン

年間1000食以上!カップ麺マニアが教える「最強の二郎系カップ麺」ベスト5

2020年上半期の新商品を総括!
taka :a(大石敬之) プロフィール

【第4位】中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば

セブンプレミアム「中華蕎麦とみ田監修 豚まぜそば」

明星食品及びセブン&アイ・ホールディングスの共同開発商品で、千葉県松戸市に本店を構える全国屈指の有名店「中華蕎麦とみ田」店主監修のもと、セブン-イレブンの二郎系レンジ麺「中華蕎麦とみ田監修豚ラーメン」(現:中華蕎麦とみ田監修ワシワシ食べる豚ラーメン)の味わいを湯切りタイプの汁なしカップ麺にアレンジ。

もともと、2018年6月及び2019年6月に「中華蕎麦とみ田監修 豚骨魚介まぜそば」という “またおま系”(「またお前もその味か」の意味、魚介とんこつ醤油味)の汁なしカップ麺を発売していた同シリーズ。

ですが、2020年は昨今のブームにのって “生にんにく” を別添した二郎インスパイア系のコンセプトに切り替え、さらに粉チーズ(ふりかけ)も加えるなど、既存の豚シリーズにはないオリジナリティを表現。

 

麺はモチモチとした加水率の高い太めの多加水麺を使用していたので、ごわごわ・わしわし系の食感ではなかったものの、強烈な生にんにくのインパクトに負けない存在感と食べ応えを打ち出し、液体ソースを投入した瞬間に “むわっ” と香ってきた豚臭いニオイも特筆すべき見所。

かなり具材は貧弱でしたが、生にんにくのパンチと粉チーズのアクセントで最後まで飽きることはなく、さらに魚介エキスで「中華蕎麦とみ田」のエッセンスを加えるなど、いい意味で下品かつ個性あふれる商品に仕上がっていました。

来年は原点回帰の “またおま系” か、引き続き “二郎インスパイア系” か、世情を映す今後の展開にも注目です。

発売年月日:2020年6月16日(火)
希望小売価格:228円(税込246円)
販売状況:製造終了(8月末頃まで販売予定)

関連記事

Pick Up

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/