# 新型コロナウイルス

飲食チェーンが次々と「幽霊レストラン」に乗り出す理由

新時代のスタンダードになるか
永田 雅乙 プロフィール

あのワタミも大きく動いた

元来、外食業界は慢性的な低収益の構造に悩まされていた。そこに追い打ちをかけるように、コロナ禍によって外食ニーズの低下と売上回復の遅れがトドメをさし、事業継続の瀬戸際に立たされている企業も多い。

そこで白羽の矢が立ったのが、ゴーストレストランというわけだ。同業態は通常のレストランと比較しても家賃、人件費、減価償却(初期投資)などの軽減が見込めるとともに、小規模事業主が多い外食業界には持続性の高いモデルでもある。

ここしばらく、主に東京都の新型コロナウイルス感染者数は飛躍的に増大。4月の感染拡大期を上回るペースとなっている状況を見るに、第二波、さらに先の第三波のリスクはすぐ目の前に迫っているようだ。

個人・中小企業どころか、大手チェーンも例外ではなく、現状でも「経営危機」にあるという自覚を持つ企業も多い。赤字店舗閉店での財務体質強化だけでは、今後予見できる危機には備えが足りない。そんな環境下にあって、このゴーストレストランが注目を集めるのも納得である。

 

大手居酒屋チェーン・ワタミも、まさにそのような経営をグイグイと進めている企業の一つだ。

少し前までは好調と思われていた「ミライザカ」「三代目鳥メロ」といった居酒屋業態を閉店、規模縮小させることを決定。同時に、「から揚げの天才」というテイクアウト・デリバリーに絞った業態の大規模展開を発表し、初年度から100店舗以上の出店を目指すという。