Photo by GettyImages
# 新型コロナウイルス # マスク

供給過多の「アパレルマスク」、ついに明暗が分かれてきた…!

マスク不足解消後に起きていること

「期待外れ」だったユニクロのマスク

早いもので今年も後半戦に突入した。全世界にとってもこの1年は「コロナウィルス」との付き合いが始まった年として永く記憶に残るに違いない。

コロナ禍によって余儀なく経験させられたものは多いが、その中で今回は全国民が半ば装着を義務つけられた「マスク」について取り上げてみたい。

このマスクを巡って、アパレル企業の対応に“格差”が生じた。例えば、ユニクロは『エアリズムマスク』を6月19日に発売したが、先んじていた企業が4月頃には発売出来ていたことを思えば、ずいぶん遅い対応だった。

同社は元々、マスクを作る予定はなく、4月の決算説明会でも柳井会長は「マスクより服で貢献する」と述べていた。それが顧客の声に応える形で実現し、メディアで取り上げられ発売日には長蛇の列を作って発売初日に完売。

Photo by GettyImages
 

しかし、そうした顧客の期待とは裏腹に「期待外れ」とも取れるコメントもネット上ではあがっていた。『エアリズム』とネーミングしておきながら、夏仕様にはなっていなかったからだ。

このユニクロの例でも分かる通り、アパレル企業の中で、今回のマスク供給の対応については、

(1)先んじて対応できた企業

(2)出遅れながらも対応した企業

(3)全く対応しなかった企業

と、3つに分類できよう。一体この差は何かというと、アパレル企業にとってマスクそのものが異業種だったことが第一に挙げられる。

そして前回のSARS(2003年)終息時に、大量の売れ残りマスクを抱えこんでしまった経験があるところにとっては、慎重に見極めた企業も中にはあったようだ。