「教科書に載せて欲しい」

Palcy(講談社)で連載されている車谷晴子さんの『朝起きたら妻になって妊娠していた俺のレポート』。7月13日には、単行本の第1巻が発売されたばかりだ。

営業職の30歳三浦優一が、妻で漫画家アシスタントの華から出産直後の病院で離婚を切り出されるというショッキングな冒頭から始まる漫画。そのあと意識を失った優一が目覚めると、妊娠8週のときの華になって、自分と一緒に暮らしていた……。つまりは、優一が妻の立場にたって本当の自分と一緒に暮らし、妊娠を体感するという物語なのだ。

第1話では、つわり真っ最中の華を「誕生日のお祝いで予約してやったから」とステーキハウスに連れていき、「病気じゃないんだから」と言いつのった優一に、「華」になっている優一が思わず殺意を抱くところまでで終わっていた。

しかしそれだけではなかったのだ―――――。
連載が更新されるたびに「リアルすぎる」「教科書に載せて欲しい」「代弁してくれてありがとう」という声が寄せられるというこのリアルは、どうやって生まれたのか。

(C)車谷晴子/講談社『朝起きたら妻になって妊娠していた俺のレポート』より

自身が妊娠し、「これ、片方の性で請け負うには負担が多すぎる!」とこの作品を描くことを決めたという著者の車谷晴子さんは言う。

作中に出てくるエピソードは、実体験や周りから聞いたことがもとになっています。描くにあたって改めて話は聞きましたが、描く以前からずっと定期的に耳に入ってくる話題も多かったので、そちらも参考にしています。関心のないころから常についてまわるほど、日常にあふれているネタだと実感しました。SNSなどのネット上にあふれる妊婦への心ない言葉も参考にしています

さて、2話に出てくる「優一の心ない声」に、思わず「華」である優一は「優一の〇んこを切り落とす」妄想をするほどの怒りを抱く。
読む人にとってはホラーだ。
しかにそこにあるのは、間違いのない「リアル」なのである。

2話の無料試し読みはこちら!↓
 

1話無料試し読み記事はこちら!↓

【マンガ】「理解ある夫」の俺が、出産直後に妻から離婚を言われた…なぜ?


コミックス1巻まとめて読みたい方はこちら!↓