保護したウサギたち、元気に暮らしています!

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

何度かご紹介している多頭飼育崩壊の現場から保護したウサギたち。詳しいいきさつは4月10日の『「6匹から70匹に」ウサギ多頭飼育崩壊で脱毛&激やせの衝撃現場』の記事を読んでいただければと思います。

このとき保護されたウサギたちは、負傷をしていた子は処置をして、避妊去勢手術を済ませて、現在預かりボランティアさんのおうちで元気に過ごしています。個体でペースは異なりますが、みんな体重も増えて、元気を取り戻しつつあります。

写真/ミグノン
名前:うこちゃん
性別:女の子
年齢:~1歳半
性格:好奇心が旺盛で部屋んぽが好き

今日紹介する「うこちゃん」は、保護されたときとってもやせていました。食も細かったので、ペレット&牧草食べ放題で体重増加を目指しましたが、なかなか思うように伸びませんでした。

でも、手のひらにペレットを乗せて給仕すると食べるという、もしかしたら甘えん坊のわがまま作戦? と思うところも。体重増加は緩やかですが、とっても活発でケージの中でもお部屋の中を探索する部屋んぽも大好きでとっても活発です。

トンネルの中で寝ている姿もお茶目なので、3ポーズ紹介しましょう。

写真/ミグノン

うこちゃんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ミグノンの保護動物一覧はこちらに

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」も募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。