# 新型コロナウイルス # 日本株

カリスマ直伝…コロナ生活でめちゃお得&儲かる「すごい株主優待」全実名

厳選のお宝銘柄がザックザク
まる子 プロフィール

ライドオンエクスプレスホールディングス(6082)は宅配寿司の「銀のさら」や宅配御膳の「釜寅」などを運営している会社。社名と事業内容がなかなか結び付きませんが、こちらの会社もニーズはこれからも増えそうです。

食ばかりでなく、働き方も大きく変わりました。ブイキューブ(3681)はWeb会議やネットでのセミナー支援など、まさにコロナ禍での働き方に合致した事業を展開しています。優待は個室型スマートワークブース「テレキューブ」利用券なのですが、リモートワークも自宅ばかりでは飽きてしまう、でもセキュリティのことを考えたらカフェなどでは仕事ができないと思っているのなら、優待を利用して、専用ブースでお仕事するのも楽しいかもしれません。

「生活必需品」銘柄がアツい!

一方、自粛生活で自炊や家のDIYに凝ってしまった方に大いに利用されたのが、スーパーやホームセンター、100円ショップなど。生活必需品を提供することで、大いに助けられました。

 

イオン(8267)は全国展開をし、PB商品も多く取り揃えているので、商品の欠品や物流の停滞も少なかった様に感じます。使えば使うほどお得になるオーナーカードは日頃イオンを使っている方には必須なカードだと思います。

ホームセンターも時期的に家庭菜園や園芸を始める頃でしたので、多くの人で賑わっていました。DCMホールディングス(3050)は優待権利月がまだ先ですが、8月に中間配当も予定しており、保有していても良いかもしれません。

関連記事