子どもが離婚の犠牲者に

離婚のいちばんの犠牲者は、間違いなく子どもだ。夫婦は別れてしまえば他人だが、子どもにはどちらも自分の親。離婚は致し方ないにしても、親同士が争う姿を見せることは子どもを酷く傷つける。
「息子が中学に入学したあたりから離婚調停が始まり、もうまる5年、揉めています。双方離婚には同意済みなのですが、なかなか決着がつきません。親同士の争いに息子まで巻き込んでしまい、せっかくの青春時代を暗いものにしてしまいました」と言うのは、大手広告代理店に勤める田中哲夫さん(仮名・57歳)。その経緯を聞いた。

ライターの上條まゆみさんによる連載「子どものいる離婚」。今回取材をさせていただいた田中さんは、目下離婚係争中だ。大手代理店でバリバリ仕事をする妻との間にひとり息子がいるが、彼の青春を傷つけてしまったことにずっと胸を痛めているという。ときに裁判をして問題を明確にしなければならないが、裁判によって傷が生じることも忘れてはならないと教えてくれる。
上條まゆみさん連載「子どものいる離婚」今までの記事はこちら

12歳年下のバリバリキャリアウーマン

哲夫さんの妻は、哲夫さんより12 歳年下で、大手広告代理店でバリバリ働くキャリアウーマン。妻がまだ大学生で就職活動をしていたとき、OBとして相談にのったことが縁で知り合い、2〜3年付き合って結婚した。

「妻のほうから猛烈にアタックしてきてね。年の離れたオジさんになぜ? と思ったけど、親が離婚していて父親がいないとか、年上の人と不倫していると聞いて、ファザコンなんだな、と。でも、辛い状況のなかで自分の足で立とうとして頑張っている姿が健気で、幸せにしてやりたいと思いました」

Photo by iStock

共働きで、家事育児は完全に折半。いや、育児についてはむしろ、哲夫さんのほうが多く分担していた。
「妻は業界では大手と言われるところに就職し、すごく仕事を頑張っていました。仕事人としてはとても優秀だったけど、子育てにはあまり関心がないようだった。たとえば、子どもが熱を出したときも、会社を休むのは僕。夫婦とも残業は日常茶飯事だったけど、保育園のお迎えに間に合わないというときは、いったん僕が保育園に迎えに行って、会社に戻って仕事をする、ということもありました」

それが不満だったわけではない。哲夫さんは、「男だから」「女だから」という意識はなかった。いわゆる「ギョーカイ」で、華やかに活躍する妻が自慢でもあった。「あのころは確かに幸せでしたね」