# 新型コロナウイルス # マーケティング

VR、在宅学習、DIY、ギフト…コロナ時代に注目される商材・サービス

「巣ごもり消費」長期化で売れるもの
竹内 謙礼 プロフィール

「入浴剤」の需要も伸びる?

・記念品、ギフト品、花

自然災害が起きると、ギフト品の売れ行きが好調になる動きが一部で見られる。母の日、父の日、敬老の日、誕生日プレゼントなどのギフト品は売れると予想。特に、実店舗が営業を自粛している期間中は、ネット通販、宅配などの非対面のギフト販売が好調な売れ行きを見せる。

Photo by iStock

卒業式や入学式などのイベントが開催しにくくなれば、「形に残す」という意識が強くなり、プレゼントを贈り合う習慣が増えるのではないか。反面、スポーツイベントや大会がなくなることによって、トロフィーやメダル、盾の需要が減るので、記念品関連のビジネスはしばらく厳しい状況が続くと思われる。

・化粧品、スキンケア商品

外出を控えたうえに、顔にマスクを着用するため、化粧品関連の売上減は否めない。しかし、化粧をしなければ女性は生活のモチベーションが上がらないこともあり、どこかで売上は下げ止まると思われる。

オンラインで見栄えよくみせる化粧品や化粧の仕方も、今後注目が集まる。マスクに化粧がつかないパウダーや、手洗いで肌が荒れる女性のためのハンドクリーム、保湿剤入りの消毒液などは、売上が好調になると予想する。

 
・入浴剤

自宅に居ながら、食事、睡眠以外でストレスが解放できるのが入浴。ギフト品やプレゼントとしても人気が高まる。特に地方の温泉シリーズなどは、旅行に行けないストレスから購入者が増えるのでは。また、室内の香り付けのアロマや芳香剤、お香などの需要も伸びると予想する。

※その他、寝具、冷暖房の節電グッズなどの解説は本書をご覧ください。