# 韓国

韓国・文在寅が「横暴」やりすぎで、いよいよ「支持率」が暴落してきた…!

韓国経済もボロボロで…
武藤 正敏 プロフィール

秋長官は、国会法制司法委員会の質疑で息子の休暇未復帰疑惑について「子供が悲しいと涙を流している」「これ以上触れないでほしい」と述べ、疑惑を不問にしている。

公正であるべき法務部長官が息子の兵役復帰忌避問題については、息子が可哀想といって、不問にすることを求めることが、正義と考えるのか。反省は全くない。

またまた反日運動

国会の法制司法委員長の席は、2004年以来野党の議員が占めてきた。これは、時の権力をけん制し、公正を保つ趣旨からであろう。与党「共に民主党」の朴映宣(パク・ヨンソン)議員は元法制司法委員長として保守党をさんざん苦しめてきた。その朴議員が「法制司法委員長は与党のものだ」と言い出した。

野党が抗議すると、野党は国政妨害を企てているとして、17あるすべての常任委員会を与党が独占する形をとった。

文在寅氏の政権与党がこうした権力乱用の責任回避をする常套手段は、野党が批判すると、「親日派による妨害」を主張し、与党の行為は「正義」であると主張することで、国民から批判を受けにくくするやり方である。

文在寅政権下で広がる反日運動 photo/gettyimages
 

この雰囲気を受け、文在寅政権の下で反日活動が広がっている

韓国の公立高校で教師が校内のマラソン大会で、生徒に「日本は謝罪せよ」などと書いたポスターを掲げて参加させるなど反日を強要した。

これを強要したのは、全国教職員労働組合所属の教師であり、生徒がこれに反発し抗議の記者会見を開くと、学校側は生徒に書面での謝罪、社会奉仕活動、特別教育などの懲戒処分を言い渡した。さすがにこの処分は裁判所で執行が停止されたが、生徒には内申書などで不利益があった可能性は否定できない。