偽装離婚と疑われても…木下優樹菜から離れられない「フジモンの心理」

男女問題に詳しい弁護士が解説
堀井 亜生 プロフィール

一緒には住めない、でも子どもを任せるのは…

一方の藤本さんは、タピオカ騒動より前から木下さんとは不仲だったと言われています。

そのためもう一緒には住みたくないと思っているものの、子どもたちに対しては父親としての責任を果たそうと思っているのではないでしょうか。

その上でポイントになるのは、木下さんの熱しやすい性格です。

〔PHOTO〕gettyimages

木下さんの性格をよく知っている藤本さんとしては、彼女一人に子育てを任せていては、いつどんな男性と仲良くなって子どもを放り出してしまうかわからないと思っているのでしょう。

不仲だから一緒には住みたくない、でも子どもたちを彼女だけに任せるのは不安……。その結果、離婚はしたものの同じタワーマンションに住んで、木下さんと子どもたちの様子を近くで見ているしかないのだと思われます。

 

このように、藤本さんと木下さんは、他人から見れば、離婚したのになぜ交流を続けているのだろうと不思議に思えます。

しかし、二人が今も同じタワーマンションに住んで交流しているのは、木下さんの性格や子どものことを考えた結果のやむを得ない対応であって、世間の目から逃れるための偽装離婚とは言えないと思います。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/