偽装離婚と疑われても…木下優樹菜から離れられない「フジモンの心理」

男女問題に詳しい弁護士が解説
堀井 亜生 プロフィール

離婚したら相手とはもう会わないものだと考える人も多いかもしれませんが、だらだらと関係を続ける人もいます。復縁をする、しないに関わらず、別れた交際相手や別れた配偶者と連絡を取り続けるタイプの人です。

これは、人を自分の仲間かそうでないかで考えて、一度仲間と認識した相手のことはなかなか切り捨てないという、昔やんちゃだった人に多い特徴です。タピオカ騒動で実姉をかばおうとした姿からしても、木下さんもおそらくこのタイプなのではないでしょうか。

そのため、藤本さんに対しても、離婚してもはっきりとは縁を切らず、子どもを通じたファミリーとして接していると思われます。

 

また、こういったタイプの人には、結婚や離婚に対するハードルが低いという特徴もあります。お金や子どものことや世間体などはあまり考えず、盛り上がったら結婚をして、かっとなったら離婚するという、ある意味でシンプルな考え方と言えます。

中には同じ相手と結婚と離婚を繰り返している夫婦もいますが、当人たちは毎回本気で、籍を入れたり抜いたりしているのです。

これらの点と、タピオカ騒動の流れからしても、木下さんはかっとなったらすぐに行動に出るタイプで、好きな相手ができて盛り上がったら、家庭があっても勢いで不倫をしてしまう人なのかもしれません。

関連記事

編集部からのお知らせ!

おすすめの記事

ABJ mark

ABJマークは、この電子書店・電子書籍配信サービスが、著作権者からコンテンツ使用許諾を得た正規版配信サービスであることを示す登録商標 (登録番号 第6091713号) です。 ABJマークについて、詳しくはこちらを御覧ください。https://aebs.or.jp/