# ミスタードーナツ # 飲食店

それでもミスドがコンビニドーナツに勝るワケ〜「持ち帰り用長いハコ」の魔力

この「最終兵器」がある限り…!

『気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』。そのタイトルに誘われ、一読すれば各店の「あるある」や「なるほど」に納得させられた人気“メシもの”エッセイ第2巻『それでも気がつけばチェーン店ばかりでメシを食べている』がついに文庫化!

誰もがきっと食べたことのあるおなじみのチェーン店36店を収録した本書の中から、今回は「ミスタードーナツ」を語ったパートを公開します。

イラスト:サカモトトシカズ

コンビニの大軍勢が攻めてきた!

ドーナツ戦争。

2014年、コーヒー界に革命を起こした“淹れたて珈琲”の成功に続いて、大手コンビニが新たに目指した大陸は、あのドーナツだった。

レジ横に設置された最新鋭のケースには、ひとつ100円程度のドーナツ。味、種類、値段ともに専門店並みのクオリティを提供します! という鼻息の荒さに「へー、ドーナツか。へー」と思うだけで、特に手を伸ばすこともなかったが、肉まんの蒸し器みたいに一定期間が過ぎてもなくならないところをみると、どうやらコンビニの定番商品として固定されつつあるようだ。

しかしこのコンビニドーナツ。専門店にとっては、突如現れた総店舗数5万店とも言われるコンビニの大軍勢が攻めてきたようなもので、シェアを奪われるのは必至。これまで平穏を保っていたドーナツ界は一様にざわめきだしたのも無理はない。

2006年にドーナツの本場、アメリカから鳴り物入りで日本上陸を果たした『クリスピー・クリーム・ドーナツ』。一時期は大行列を作っていたのも今は昔、2016年「10周年を機に事業見直しを図る」と大幅に店舗数を縮小することを決めた。

 

ならば豆腐とおからを使ったドーナツで、関西から上陸し話題になった「はらドーナッツ」は? え、「まいどおおきに食堂」を運営する会社の子会社になった? 

じゃあ、1970年に日本にやってきたアメリカの最大手ドーナツチェーン『ダンキンドーナツ』はどこだ。あれ、いない。20年も前に帰国しちゃったって。知らなかった……。