2020年の戸田恵梨香[Photo by gettyimages]

コロナ再放送で評価爆上げ、戸田恵梨香が何年経っても「可愛すぎる」

秘密はセルフプロデュースの力

再放送で見せつけた魅力

「再放送女王」と言ってもいいかもしれない。

新型コロナウィルスの影響でテレビドラマの撮影が中断された4~6月、各局は過去のドラマを再放送した。こうした過去ドラマに数多く登場し、視聴者に強烈な印象を残したのが戸田恵梨香だった。

2006年 劇場版『DEATH NOTE』PRイベントにて[Photo by gettyimages]
 

『野ブタ。をプロデュース』『SPEC』『鍵のかかった部屋』『大恋愛~僕を忘れる君と』と、戸田恵梨香の出演作は自粛期間中に4本も再放送されている。インターネット上からは、「どの役も印象に残ってる!」「こんなに再放送されるなんて最強の女優じゃん」といった称賛の声が聞こえてくる。

再放送の影響で意外な「戸田恵梨香ラッシュ」が到来した理由について、テレビドラマに詳しく戸田恵梨香へのインタビュー経験もあるライターの横川良明氏はこう語る。

「戸田恵梨香さんは、ご自身でお仕事を選択したうえでドラマに出演されている女優さんです。特に2010年の『SPEC』以降は、自分で脚本を読んでおもしろいと思ったドラマでなければ出演しないという徹底ぶり。

吟味して選ばれたドラマだからこそ、脚本が良質で熱心なファンがいる作品が多く、今回のような機会に再放送されるものが多いのだと思います」

2012年 『劇場版SPEC 天』イベントにて[Photo by gettyimages]

たしかに、2010年ごろまでの戸田は、『たったひとつの恋』『花より男子』『LIAR GAME』などビジュアルを活かしたヒロイン的ポジションが多かった。『野ブタ。をプロデュース』では、軽薄な主人公と付き合っている清純な女子高生役を演じている。彼氏に嘘をつかれても一心に相手を思い続ける10代の戸田恵梨香は可憐だ。