photo by Gettyimages

限りなく北朝鮮化に向かう中国「1国2制度破棄」でサイは投げられた

大陸の2制度「改革開放」は終焉

「1国2制度破棄」の川を渡った

紀元前49年、かねてからグナエウス・ポンペイウスと対立していたガイウス・ユリウス・カエサル(ジュリアス・シーザー)がルビコン川を渡り、ローマ内戦は始まった。

当時のローマでは、ルビコン川を武装して渡ることは法で禁じられていたため、これを犯すことは宣戦布告を意味したのだ。

1月10日にルビコン川を渡る際、カエサルは「ここを渡れば人間世界の破滅、渡らなければ私の破滅。神々の待つところ、我々を侮辱した敵の待つところへ進もう『賽は投げられた』」と檄を飛ばしたと伝えられる。

要するに、重要な局面を超えてしまったら、もう後戻りはできないから、その後はひたすら「前進あるのみ」ということだ。

photo by Gettyimages

今回、中国共産党が「香港の1国2制度破棄」というルビコン川を渡ったのは明らかだ。習近平氏はかねてから「毛沢東崇拝」を隠しもしなかったが、習近平政権の毛沢東化はついに「ルビコン川」を渡ったと言える。

 

「香港国家安全維持法」が6月30日に行われた中国全人代常務委員会で可決されたが、施行されるまでこの法律の全文は公開されなかったという異常事態である。さらに、中文のみで英語のものはない。香港で施行される法律で英文がないものは初めてだろうと言われる。