この美貌、もはや神!『愛の不時着』ソン・イェジンは、どこから見ても「世界で最も美しい」

金 敬哲 プロフィール

アンチファンさえ存在しない

ただ、ソン・イェジンが競争の激しい韓国芸能界で20年近くにわたってトップの座を維持できている理由は、決してその美貌だけではない。時には、若い女優たちが嫌がるような役柄にもあえて挑戦し、絶えず演技の幅を広げてきた努力こそが彼女をここまで成長させたと言って間違いない。

(March 17, 2005) gettyimages

日本でも大ヒットした映画『私の頭の中の消しゴム』では若年性アルツハイマーにかかった女性を、“ヨン様”ことペ・ヨンジュンと共演した映画『四月の雪』では不倫関係に陥った主婦役を、野沢尚の恋愛小説を原作にしたドラマ『恋愛時代』では子供を失った悲しみから抜け出せない離婚女性の役を見事に演じ切り、その演技力が高く評価された。

清純派女優としてのイメージが壊れることさえ恐れない彼女のチャレンジ精神は、特に女性から大きな支持を得ているが、男性と女性との両方から好かれ、アンチファンさえいない稀有な存在として、38歳になった今でもその輝きは増すばかりだ。

@SonYeJin_Intl
 

芸能専門メディアStarmometerが、4月4日から5月22日までオンライン及びSNSで投票を受け付けた「2020年 世界で最も美しい女性」ランキングでは、総投票数1395万5584のうち435万4037票を獲得し、堂々の1位に選ばれている。

『愛の不時着』の大ヒットにより、日本や中国にまで人気を広げている彼女には、最近、ハリウッドからのラブコールも絶えないという。アジアの枠を飛び越えて世界に羽ばたこうとしているソン·イェジンから、目が離せない。