この美貌、もはや神!『愛の不時着』ソン・イェジンは、どこから見ても「世界で最も美しい」

ユン・セリ役はまさに「神の一手」

「『愛の不時着』のユン・セリ役を演じたソン・イェジンはまさに神の一手だった。女性視聴者の共感を得られる抜群の演技力と、男性視聴者をテレビの前に釘付けにできる美貌を兼ね備えた女優ということでは、ソン·イェジンの右に出るものはいない」

ドラマ『愛の不時着』のヒットにより、今、日本でも大ブレイクしている韓国人女優ソン・イェジンの役者としての強みについて、大衆文化評論家のキム・ホンシク東亜放送芸術大学教授は、こう説明する。

「最近の韓流ドラマのヒロインは、ひと昔前の可憐で受け身タイプの女性から、男性に頼らず自分の将来を自分の力で切り拓いていく、元気で活発なタイプへと変わってきている。

『愛の不時着』のセリも、財閥の令嬢でありながら、自らファッションブランドを立ち上げて成功させたビジネスウーマンであり、愛する男のために命まで投げ出すほど愛に積極的な女性だ。

女性視聴者に支持されやすいこの役を、男性人気も絶大なソン・イェジンが演じることで、性別を超えたより広い層にアピールすることに成功している」

 

ソン・イェジンは1982年1月11日、韓国で美男・美女が最も多い都市として有名な大邱(テグ)広域市に生まれる。幼い頃から目立つ容姿だった彼女は、高校3年生の時、化粧品のモデルに電撃的に抜擢され芸能界デビューを果たす。

2001年、ドラマ『おいしいプロポーズ』のヒロイン役で女優としてのキャリアをスタートさせると、2003年の映画『ラブストーリー』、ドラマ『夏の香り』を通じて、世の男性たちの、甘酸っぱい初恋の思い出を刺激する清純派女優として一気にブレイクする。

(May 19, 2009)gettyimages

小さな顔につぶらな瞳、長い髪が似合う優雅なデコルテ、愛嬌だっぷりの微笑みが魅力的な彼女の可憐な美貌は、多くの男性の心をときめかせた。そして、男性だけではなく女性たちにとってもまた、ソン・イェジンの美しさは憧れの対象となった。

韓国の若い女性たちの間では、少女のようなあどけなさを残すベビーフェイスにボリュームのあるグラマーな身体を兼ね備えた「ベーグル女子」という女性像が人気を集めているが、彼女たちが選ぶ「元祖ベーグル女子」こそがソン・イェジンなのだ。