都知事選「真の勝者」は小池知事ではなく「日本維新の会」だった…!

「維新=関西ローカル」はもう昔の話?
安積 明子 プロフィール

もうひとつの困難は、小池知事が自ら創設した都民ファーストの会の不振だ。

都民ファーストの会は都知事選と同日に投開票された都議補選で、北区で天風いぶき氏を擁立。天風氏は宝塚歌劇団を退団した後、国会議員だった小池知事の秘書になったという異色の経歴が話題になった。

さらに北区の一部は前回の衆議院選から小池知事にとってかつての選挙区の東京10区に編入されたということもあって、小池知事にとっていわばホームグラウンドに子飼いの候補が立ったということになるが、天風氏は2万3186票しか獲れず、4位に甘んじた。

 

もっとも北区は2016年の都知事選で小池知事を応援した音喜多駿参議院議員の都議時代の地盤で、音喜多氏が日本維新の会の公認候補として参議院選に転出したために補選となったという経緯がある。日本維新の会は音喜多氏の後継として佐藤古都氏を出馬させたが、佐藤氏の獲得票数は3万3903票で、天風氏より1万票も多かった。

不振は天風氏だけではない。2017年の都議選当時は55名だった都民ファーストだが、音喜多氏をはじめとして5名が党の運営に不満を示して離党した。残りの50名は党内に残ったが、その多くが小池旋風のおかげで議席を得たと言って良い。

来年の都議選でも大きな風が吹かなければ、彼らはどうなるのか。知事選で大量得票したものの、来年の都議選で小池知事にそのような風を起こす力がなければ、都議会の構図がガラリと変わる可能性もある。