日本維新の会代表の松井一郎氏(中央)と副代表の吉村洋文氏(左)〔PHOTO〕gettyimages

都知事選「真の勝者」は小池知事ではなく「日本維新の会」だった…!

「維新=関西ローカル」はもう昔の話?

小池都知事の「圧倒的強さ」

7月5日に投開票された東京都知事選は、小池百合子東京都知事が史上2番目の366万1371票を獲得して当選。友党の公明党や連合東京、医師会などの組織票をがっちりと固めて、圧倒的な強さを見せつけた。

そもそも小池知事はコロナ対策を口実に表立っての選挙活動を控えることで、対立候補との討論会などを事実上行わず、あえて避けたといってよい。

また新型コロナウイルスの感染拡大防止協力金などで、9000億円以上あった都の財政調整基金をほぼ使い尽くしたが、これが都知事選前に行われたため、「事実上の選挙対策だ」と批判を浴びた。

かねてから噂があった学歴詐称についての暴露本も出版され、一気に話題になった。にもかかわらず、小池知事は現職の強味を発揮し、「小池旋風」を吹かせた前回の都知事選よりも約7万5000票も上乗せした。

〔PHOTO〕gettyimages
 

待っているのは地獄?

ただ圧勝はしたものの、小池知事の前途は楽観できるものではない。

コロナ禍で法人税などの減収が予想され、都の財政はかなり厳しくなることは必至だが、その中で第2波、第3波に対応しなければらない。東京オリンピックパラリンピックの開催問題もあるが、中止されない場合はどのようにコロナ対策をしていくのか。

都知事として取り組まなくてはならない難問が山積する中で「国政に逃げるのではないか」とも囁かれている。進んだのは良いが、前には地獄が待っている。