(写真はすべて筆者撮影)

小池都知事「圧勝劇」のウラで都議補選大敗…「都民ファ」の行方

小さな選挙で起きていたこと

都民ファーストの敗北

東京都北区の都議補選で元タカラジェンヌ、都民ファーストの会が公認した天風いぶき候補の陣営は、小池百合子都知事のイメージカラー、緑一色だった。

ポスターもチラシも選挙カーも運動員のユニフォームも緑。選挙カーの写真は、本人ではなく小池百合子。366万票を獲得。宇都宮健児、山本太郎、小野泰輔の3候補の票を足して、さらに100万票以上、上回って大勝した小池人気にあやかろうとした。

天風陣営では緑が映えていた
 

だが、結果は無残である。

当選した山田加奈子(自民公認、公明推薦)が5万2225票、次点の斉藤りえ(立憲民主党公認)が3万6215票、3番目の佐藤こと(日本維新の会公認)が3万3903票。天風は2万3186票で第4位。

最下位はホリエモン新党の新藤かなの6125票だが、布マスク(アベノマスク?)をブラジャーに見立てたポスターで話題の新藤が、「得票数は予想外に多い」と、ビックリするぐらいだから、実質、天風は最下位に等しい。

敗因は、最高顧問で都民ファーストの会を立ち上げた小池が見放したこと。自公が小池を事実上、推薦し、都民ファーストの会は“迷子”になった。

この続きは、プレミアム会員になるとご覧いただけます。
現代ビジネスプレミアム会員になれば、
過去の記事がすべて読み放題!
無料1ヶ月お試しキャンペーン実施中
すでに会員の方はこちら