大学で教育が軽視されている

だが問題はもっと根深い。日本では、受験を突破した先にある教育が、あろうことか軽視される傾向にあるのだ。学歴社会は日本以外の国でも見られるが、学歴社会において教育を軽視するという不可思議な傾向は世界の中でも極めて特殊である。象徴的なのが、大学における教育の惨状だ。

「教育」には広義にも狭義にも様々な意味があり、日本ではこの言葉を勉強をさせたりしつけをするという意味で用いる場合が多いが、私がいま問題にしている「教育」とは、人を教え育てるという文字通り広義の教育のことである。

この広い意味での「教育」は、個人のためだけでなく、社会を構成する人を育て持続可能な社会作りをしていくという観点からも重要である。そして大学とはこの「教育」の国としての方向性、つまり国づくりの方向性を象徴する高等教育機関であり、だからこそ、大学における教育を軽視する国などほとんどないのである。

国内外の大学生・大学院生を多く見てきた私の経験から言えるのは、こういった「教育」を受けることへの日本の学生の突出した自主性の欠如だ。大学に通う喜びが学び成長することになく、受験からの解放や就職における有利性にある学生が日本にはとても多い。

〔PHOTO〕iStock

そして教える側にも、毎年同じ内容の講義を無気力に繰り返す教員や、大学院生を自身の研究を進めるための駒としてしか扱わない教員など、教育に無関心な教員が少なくない。もちろん意欲に満ちた学生も教育に熱意を持つ教員もいるが、新しい時代を見据えた教育環境を整えようとしない文科省含め、日本のあらゆるレイヤーにおける教育軽視の姿勢を嫌というほど目の当たりにしてきた。