〔PHOTO〕gettyimages

原監督「通算1035勝」で45年越しの「長嶋超え」…波乱万丈の軌跡

「記憶にも記録にも残らない」と言われても

ついに原辰徳が“長嶋超え”を果たした。

巨人の原監督が14日の広島戦で通算1035勝目を挙げ、長嶋茂雄終身名誉監督の持つ1034勝を超えた。新型コロナウイルス感染拡大の影響により約3ヵ月遅れで開幕した2020年プロ野球は、原巨人が開幕ダッシュを成功させたが、先週から雨天中止を挟み連敗が続き、ペナント争いも混沌としている。

百戦錬磨のこの男は、いかに過密日程の混セを戦うのだろうか? 監督通算14年目にして、8度のリーグ優勝、3度の日本一と圧倒的な実績を残してきた名将。選手時代は「勝負弱い4番打者」と批判されてきた男が、監督としては異様な勝負強さを発揮している。原は7月22日で62歳になるが、その野球人生は常に偉大なミスタープロ野球と比較され続けてきた。

〔PHOTO〕gettyimages

1958年(昭和33年)、長嶋が巨人に入団した年に福岡で生まれた少年は、やがて16歳で“ナガシマ2世”と呼ばれる。1974年(昭和49年)夏、東海大相模高(神奈川)で1年時から「5番サード」で甲子園に出場。父・貢さんとの父子鷹の話題性に爽やかな甘いマスクで高校球界のアイドルとなり、この年限りで引退するスーパースター長嶋茂雄の後継者として過剰とも思える期待を背負うことになるわけだ。当時の雑誌には派手な見出しが躍っている。

『“長島2世”の出現!女性ファンを熱狂させる原辰徳選手16歳の素顔』(「週刊平凡」75年7月3日号)
『背番号3は彼にゆずると長島監督をうならせた原辰徳三塁手のすべて』(「週刊現代」75年8月7日号)
(※当時は長島表記)
 

「野球をやるなら巨人か東海大」

雑誌は時代を映す鏡だ。本コラムでは80~90年代のメディアが名監督になる前の「原辰徳」をどう報じてきたのか、そして長嶋茂雄とどう比較してきたのか、膨大な資料とともにその野球人生を振り返ってみよう。

まず高校3年時のドラフト会議前に「野球をやるなら巨人か東海大ですね」(「月刊平凡」76年12月号)と語る18歳のタツノリは、もし巨人に指名されたらという問いに「ジャイアンツだったら行かしてくれないかと、お父さんを説得するでしょうね。お父さんは大学進学を強くのぞんでいるけど、ナガシマジャイアンツで野球をやるという魅力も捨てきれないんです」なんて素直に答えている。