株式会社空調服の「空調服」
# 空調服

あの大ヒット商品にパクリ騒動が…? 「空調服」裁判の意外な結末

中小企業も他人事ではない「危うい決断」
工事現場などでよく見かけるようになった、“ファン付きウェア”「空調服」。昨年130万着を生産したこのヒット商品に、じつは「訴訟問題」が起きていたことを明らかにしたのが、『訴訟合戦』の著書もある経営コンサルタントの竹内謙礼氏。株式会社空調服側の勝訴で幕を閉じたかのように見えた裁判には“その後”が存在した。中小企業も無視できない知財裁判の行く末とはーー?

忘れかけていた「空調服」裁判のその後

初夏の暑さの中、マスクをしてふと思った。

「マスクにファンをつけたら涼しいのではないか」

しかし、それがすぐにバカバカしいアイデアだということに気づく。ファンをつけたらウイルスを吸い込んでしまい、マスクの意味がない。

ともあれ、その考えを思いついたとき、工事現場で見かけるファンのついた作業着のことを思い出した。服の中に風を送り込むことが、いかに画期的なアイデアであったことを改めて気づかされた。

 

空調服の裁判は、その後、どうなったのだろうか。

昨年10月、空調服に関する不正競争防止法の記事をマネー現代で書かせてもらった(参考:あの「空調服」にパクリ騒動? 知られざる熱い「訴訟問題」の顛末)。

各方面から様々な反響をいただき、私自身、中小企業にとって、特許や開発記録がいかに大切であるかということを、改めて知る良い機会となった。

コロナ禍で忘れかけていたが、気になって空調服の“その後”の裁判記録を追いかけてみることにした。すると、そこには中小企業の知財裁判の難しさを浮き彫りにする、危うい結末が待ち受けていた。