テレビ東京新人アナウンサーの池谷実悠(左)、田中瞳(中央)、森香澄(テレビ東京公式HPより)

フジ・NHKを超え…テレビ東京が「就職したい放送局1位」に輝いた理由

苦節56年にして

「俺たちのテレ東」

テレビ東京が学生の就職希望先としてテレビ局の中で人気トップになったのはご存じだろうか。テレ東は開局から56年になるが、初めてのことである。

企業人事部向けコンサルティングなどを行う株式会社ワークス・ジャパン社が、2021年3月に大学か大学院を終える1万2504人を対象に行った就職希望先調査の結果だ。テレ東はテレビ業界で1位、全企業の中では51位だった。続いたのはNHKであり、全業界中61位だった。

この件についてのSNSの反応が興味深かった。テレ東の就活生からの人気を貶したり、腐したりする声は皆無に等しく、ほぼ一様に讃えたり喜んだりしたからである。

今年3月より「よじごじDays」の進行役を務める新人アナウンサーの池谷実悠(左)、田中瞳(中央)、森香澄(テレビ東京公式HPより)
 

今、テレビ業界は相当数の人から反感を買っているのはご存じの通り。特に若者からである。SNSにはテレビ業界に向けた批判が連日、大量に書き込まれる。相次ぐ不祥事、放送免許の既得権化、ニュースやワイドショーへの不信感など批判される理由はいくつもある。

ところがテレ東は例外なのだ。どうやら好かれている。応援されていると言ってもいい。SNSでは「俺たちのテレビ東京」という言葉もよく見かける。他局ではあり得ないだろう。日本人独特の判官贔屓やルサンチマンも背景にあるのだろうが、テレビ業界の中で希有な存在であるのは間違いない。