令和元年で私たちが見た「見事な外交」

その後の苦悩のもとで体調を崩されたことについては、さらに私たちも考える必要があるが、それは別のときに譲ろう。
なにより33年経った令和元年、雅子さまのその「力」を我々は目のあたりにしたのだ。

そこにあったのは、トランプ大統領夫妻をはじめとした海外の来賓を前に、見事に品よく、気高く外交をしている皇后雅子妃の姿だった。誰もが日本の象徴として誇りに思える皇室の姿だった。

2019年5月27日にトランプ大統領夫妻を出迎えた天皇皇后両陛下。そのファッション。佇まい、気遣い、会話すべてが見事な外交だった Photo by Getty Images
5月27日夜、宮中晩さん会でトランプ大統領夫妻を迎える天皇皇后両陛下 Photo by Getty Images

雅子さまが皇后となられた令和元年、外交官の総合職に就いたのは28名。うち12名、半数近くが女性だった(外務省データより)。

雅子さまが切り開いた道は、確実に広くなり、そして続いているのだ。

折原みとさん連載「漫画家がみた雅子妃」連載を読みたい方はこちら