# 介護

田舎の老人ホームに「80代の母親」を入れたら大後悔した息子の悲劇

「長男」としての期待が彼を苦しめた
太田 差惠子 プロフィール

必要以上の重荷を背負って…

任せてくれ」と返事したことで父親は安心して旅立つことができたでしょう。そのこと自体は良かったのですが、ただ、K男さんは必要以上の重荷を背負うこととなりました。

同じく子に罪悪感を植え付けがちな「長男だから」、「跡継ぎだから」という言葉にも注意が必要です。

 

この記事を読みながら“昭和の時代でもあるまいに”と思う人もいるかもしれませんが、特に地方ではしぶとく根を張り続けている価値観です。当事者になると、うっかり足をすくわれそうになることもあります。

そんなときは「仕方ない」と呟き、自分自身の「できる範囲」を見誤まらないようにしたいものです。