生後2ヶ月でぼっちで保護されたキジトラくん

友森玲子さんが主宰しているボランティア団体「ランコントレ・ミグノン」には、様々な事情で保護された動物たちがたくさんいます。

先日も、キジトラの猫さんを紹介しましたが、今日もキジトラの「たぬきくん」です。保護猫でもっとも多い柄ですが、たぬきくんは少しうす茶色系のキジトラさんです。

たぬきくんは、3年前、生後2ヶ月のときに動物愛護相談センターに保護されました。動物愛護相談センターなどに保護される動物の中でもっとも多いのが、仔猫です。特に、猫の繁殖シーズンの春先から初夏までの間は、仔猫の収容がとても多くなります。しかも、たぬきくんは、ほかに兄弟もなくたった一匹でいるところを保護されたので、血が繋がった家族もいない状態でした。

撮影/山内信也
名前:たぬきくん
性別:男の子
年齢:3歳
性格:猫にも人にも甘えん坊で、天真爛漫!

ぼっちで保護されたたぬきくんでしたが、ミグノンに来てからは、哺乳ボラさんファミリーと、ボラさんのおうちにいる先輩保護ねこたちに愛情たっぷり注がれることに。寂しさなんて微塵も感じることなく、猫社会のルールも毛づくろいの仕方も、みんな先輩猫が教えてくれたのでした。

でも、トイレットペーパーをぐっちゃぐちゃにする悪い遊びもこっそり教わってしまったみたいですが……。

そんなわけで、孤独になることもなく、天真爛漫に育ったたぬきくんです。

少し小さい頃のたぬきくん。写真/ミグノン

たぬきくんと家族になりたい方は、こちらの譲渡条件をお読みください。

ミグノンの保護動物一覧はこちらに

ウサギの飼育多頭崩壊発生で「預かりさん」も募集中です

3月にウサギの飼育多頭崩壊が発覚し、友森さんの団体「ランコントレ・ミグノン」で、約70匹ものウサギを保護することになりました。それに伴い、譲渡してくれる方だけでなく、ウサギのケアをしてくれる「預かりさん」も募集しています。預かりボランティアとウサギの飼育に関しては下記をご確認ください。

預かりボランティアって何?

うさぎの飼養に必要なものは?

上記をご確認の上、【預かりボランティア登録フォーム】からご登録をお願いします。追って、ランコントレ・ミグノンのボランティアから随時ご連絡を差し上げます。

※「預かりさん」へのお問い合わせは、上記のフォームよりご連絡ください

仕事の合間にボランティアで保護活動を行なっているため、電話での問い合わせや見学の受付を行なっておりません。順番にお返事を差し上げますので、ご用件はお問い合わせフォームよりお願いします。