金価格が急騰している photo/gettyimages

金価格が「爆上げ」している理由は、じつは意外なところにあった…!

安全資産の「金」買いという偽り

金価格が「約8年8か月ぶりの高値」のワケ

金価格の騰勢が止まらない。市場で指標として注目されるニューヨーク金先物は7月1日に1オンス1800ドルを遂に突破し、2011年11月以来、約8年8か月ぶりの高値を記録した。

なお、ドル/円相場が円安気味で安定していることもあって、円建ててでも連日、史上最高値が更新されている。前回高値をつけていた2011年11月といえば、欧州債務危機をめぐる緊張がピークに達していた時期であり、ユーロ圏崩壊への思惑が最高潮にあった時期だ。

感染拡大の第二波懸念を受け、文字通り「この先どうなるのか分からない」との不安が支配的になり、「とりあえず金」というフローが増加しているとの解説が目立ち、年初来の上昇率は約+20%、前年比では約+30%にも達している。

金属価格と言えば、筆者は世界経済の体温を推し量る指標として銅価格を定期的に着目しているが、その銅価格も実は金価格と同時に騰勢を強めている(以下図)。

だが、金価格と銅価格の相対価格に着目すれば(以下図)、足許で景気センチメントは悪化こそしていないものの、3月半ば以降始まり、5月下旬から加速してきた改善傾向が停止しつつあるようにも見受けられる。

 

年初を起点として評価した場合、コロナショックを経て、ボトムから半分程度の改善で止まったという印象である。経済活動の制限・再開を経た値動きであり、景気センチメントも第一波が収束し、「ここからどうなっていくか」という第二波を睨んだ動きになっていると言えるかもしれない。