クオモNY州知事のスピーチが人々を勇気づけ、癒し、感動させている photo by GettyImages
# リーダーシップ

コロナの全米で人々を感動させた「クオモ知事のスピーチ」その凄すぎる中身!

「さあ、とりかかろう。一緒にやろう」

コロナで「評価が割れた」世界のリーダーたち

新型コロナ・ウイルスの襲来で、リーダーの指導力が試された。人間力もあぶり出された。

ドイツのメルケル首相やニュージーランドのアーダーン首相は、すばらしいリーダーだと評価が高まった。ブラジルのボルソナロ大統領やアメリカのトランプ大統領は、迷走ぶりが際立った。

photo by GettyImages

そんななか、ひときわ注目を集めたのが、ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事である。

アメリカは、イタリアやスペインを追い越し、世界最大の感染国となった。とりわけニューヨーク州は、3月から4月にかけて、感染が爆発した。

クオモ知事は、その陣頭に立って、コロナとの闘いを指揮した。3月初めから毎日、記者会見を行なった。コロナとの闘いでは、市民への情報提供、市民の協力が欠かせない、と確信していたからである。それがCNNで中継された。

クオモNY州知事の記者会見は、「勇気づけられる」「癒される」「リーダーはかくあるべき」と評判になり、スピーチを心待ちにする人びとが全米に拡がった。

スピーチが絶賛されたクオモNY州知事 photo/gettyimages
 

クオモ知事のスピーチは、パワースピーチのお手本である。パワースピーチとは、ひとを動かす、本物のリーダーのスピーチのこと。

ポスト・コロナの混迷の時代を導くリーダーに、不可欠の能力である。世の中には、パワースピーチというものがあるのだ! これを知っているだけでも、未来に光が射してくる気がするではないか。