photo by gettyimages

衝撃の連続! 海外セレブのぶっ飛んだ「タトゥー」コレクション

不思議な日本語やポケモンも…

日本ではまだまだ馴染みないかもしれないが、海外セレブの間ではもはやファッションの一部として楽しまれている“タトゥー”。海外セレブとなるとタトゥーも規格外のものばかりだ。

アリアナ・グランデ

歌姫アリアナ・グランデ

世界を席巻する歌姫アリアナ・グランデ。若者から絶大な支持を集め、ファッションアイコンとして知られる彼女は、大のタトゥー好きとしても有名だ。

なかでも、世間をざわつかせたのが「七輪」タトゥーである。2019年にリリースした自身のシングル『7 Rings』にちなんで、「7つの指輪」という意味のタトゥーを入れたかったようだが、まさかの誤訳。焼肉に使う器具ともとれる「七輪」という漢字を左手の手のひらに入れてしまったのだ。

その後、SNSなどで「間違っているのでは?」という指摘を受け、本人も気づいたようだ。しかし、そこはさすがの歌姫。「そうなの、七輪焼き肉も大好きなの」とユーモアたっぷりに答えた後、「“七”と“輪”の間に入れるべきだった、“つの指”を省略しちゃったの。(手のひらにタトゥーを彫るのは)もの凄く痛くて。とにかく痛すぎて、もう一文字彫るっていう選択肢は無かった」とコメント。

その後「自然に消えるのを待つわ」と言っていた、この「七輪」タトゥーはさらなる進化を遂げた。

なんと「七輪」の下に「指♡」の文字を加えたのだ。知人の日本語の先生にアドバイスをもらい、痛みに耐えながら修正したそう。本人が誤訳を気にしていたかは定かではないが、その前向きな姿勢にファンもさらに彼女が好きになったことだろう。

漢字のタトゥーからも分かるように、大の親日家として知られるアリアナ・グランデ。実は日本のアニメやゲームも大好きで、腕にはポケモンのキャラクターであるイーブイのタトゥーが彫られている。

アリアナは七輪バッシングでそれまで学んでいた日本語の勉強を辞めてしまったそうだが、日本の文化まで嫌いにならないことを心から願うばかりだ。

左手の手のひらをよく見ると…
「七輪指♡」という漢字が
左腕にはなんと…
ポケモンの人気キャラクター「イーブイ」が。アリアナ・グランデは大のポケモン好きとしても知られる