年収800万モラハラ夫が青ざめた…45歳主婦が別居勝ち取った壮絶計画

娘の進学を認めない夫に、妻はキレた
梅原 ゆかり プロフィール

隆弘さんは、すぐ弁護士に電話をし、「生活費など一円たりとも払わない!」と言い張りました。隆弘さんに言わせると、隆弘さんに無断でお子さんたちを連れて家を出た路子さんの行動は、誘拐であり、違法行為なので、生活費の支払義務もないとのことです。

弁護士は、別居をするのに隆弘さんの同意は不要であったこと、親権者である路子さんが子を連れていくことは誘拐には当たらないことを説明しました。さらに、別居が敢行されたことにより当座の監護は路子さんが行うので、仮に万が一、路子さんたちの居場所を突き止めたとしても、お子さんたちを連れ戻そうとすると、逆に隆弘さんが誘拐罪に問われかねないので十分に注意するようにと警告しました。

せめて路子さんたちの居場所を教えてほしいと隆弘さんは食い下がりましたが、弁護士は、居場所を教えることはないし、無理に調査しようとした場合は躊躇なく警察に相談することになる旨も告げました。

〔PHOTO〕iStock
 

「オレ理論」を言い募る夫

調停が始まった後も、隆弘さんは、婚姻費用を支払う義務などないと言い張りました。一般論ですが、ある程度の大学を出て一流企業に勤めている方の多くは、自信がおありで、弁護士を就けなくても持論を演説すれば調停委員は理解するはずだ、と思われる方が多くいます。隆弘さんにとっての持論は、「勝手に出ていった者には、生活費を支払わなくてもよい」という論でした。

編集部からのお知らせ!

関連記事