〔PHOTO〕iStock

年収800万モラハラ夫が青ざめた…45歳主婦が別居勝ち取った壮絶計画

娘の進学を認めない夫に、妻はキレた

新型コロナウィルスの感染が拡大する中「コロナ離婚」に注目が集まりました。実際、それまでは「亭主元気で留守がいい」状態だったのに、「ステイホーム」で夫がずっと家に張り付いているせいで、夫婦間の亀裂に気付かぬフリができなくなったという方は少なからずいるようです。

今まで家族だと思って一緒に生活してきたけれど、もうこれ以上一緒にやっていけないと思い始めると、相手の嫌なところがどんどん目に付いて我慢ができなくなった方、「お前は母親失格だ」などと怒鳴られ続け、自信も何も喪失し、母親の落ち込んだ姿をこれ以上お子さんに見せたくない、そんな切実な方もいます。

しかし、こうした方たちがいざ離婚に乗り出そうとしても、話し合いがうまくいかないケースは多々あります。そうした場合は、早晩、調停に進んで裁判所のテーブルで話し合いをすることになりますが、切実に離婚を望む場合、それより前にまず敢行していただきたいのが、「別居」です。

離婚は、結婚の3倍のエネルギーが要ると言われることがありますが、3倍では足りません。とても大きなエネルギーが必要です。しかも時間がかかります。それを闘い抜くためには、まず安心できる生活を確保していただき、体力を温存していただくのがとても大切です。そのためには何よりも別居が必要なのです。

〔PHOTO〕iStock
 

「女が勉強なんかしてどうする!」

砂川路子さん(仮名・45歳)は、中学生の長女・春奈ちゃんと小学生の長男・健翔(けんと)くんを連れての別居に踏み切ろうと計画しています。夫の砂川隆弘さん(仮名・48歳)は健翔くんが生まれた直後から、外資系企業で働いていた路子さんに、仕事を辞めて家に入るように言いました。路子さんがそれに従わないと見るや、隆弘さんは夕食の時間が少しでも遅れたことを責め立てるなどし、事実上、仕事を継続できない環境に追い込みました。