〔PHOTO〕Gettyimages

韓国がコロナ禍で「先進国コンプレックス」から抜け出せたワケ

「民主市民性」が対策を成功させた…?

海外の評価を気にする韓国と日本

日本人もそうだが、韓国人は海外の評価を気にする傾向が強いようだ。大統領はことあるごとに「我が国は海外で評価されている」と国民を鼓舞するし、メディアも同様だ。そういえば、日本にある「日本すごい系番組」(外国人に日本の美点を語らせるバラエティ番組)に似たものは、かつて韓国でも盛んに作られていたことがあった。

「メディアはともかく、大統領や首相が『我が国は世界で評価されている』なんて言ったら国民に笑われると思う……」と欧州在住の友人は言っていたが、そこはやはり歴史の違いだろう。前近代においては長らく中国を、近代では西洋をモデルとしてきた日韓には、強弱の差はあれ、共通するものがあるように思う。

新型コロナをめぐっても、海外の視線を意識した発言が目立つ。「今や世界をリードするK防疫」(文在寅大統領)、「まさに日本モデルの力を示したと思います」(安倍晋三首相)と、国際社会における自国の優秀さを誇る。

〔PHOTO〕Gettyimages
 

ユニークだったのは、麻生太郎大臣だ。

「『お宅とはうちの国とは国民の民度のレベルが違うんだ』と言ってやる」

言葉使いの問題もあり批判が多かったが、これは非常に興味深い発言だった。というのは、韓国でもある意味これに近い議論が出ていたからである。いったいどんな議論なのか、以下見ていこう。

「対策に成功した韓国」を見る外国の視線

韓国にとって対外イメージの管理は重要であり、そのための予算もしっかり組まれている。それがあったからこそ韓国政府は、韓流や韓国ブランドの海外進出を効率的に支援することが可能だった。新型コロナ対策についても同様で、諸外国における韓国イメージの調査報告が政府に上げられている。

当初の評判は上々だった。大邱(テグ)市の感染爆発を抑えつつ、ドライブスルー方式など最新のスタイルを極めていった韓国方式は、多くの国で参考にされた。たとえば米国でもっとも初期対策に成功したといわれるメーンランド州は、知事の妻が韓国系ということもあり、早くから韓国との協力関係があった。