Photo by iStock

干ばつの原因にも 「負のダイポールモード現象」が4年ぶりに発生か

気候変動を予測する数理モデルのしくみ
現在、熱帯太平洋はほぼ全域で、平年より水温の高い状態が続いています。専門家の間では、今後、ラニーニャ現象が発生するのかどうかが注目されていますが、今のところ予測が不確実な状況です(たとえば、コロンビア大学IRIのサイト)。

今後の熱帯太平洋の動向も気になるところですが、これからの季節は、熱帯インド洋の動向にも注意する必要がありそうです。それは、熱帯インド洋で「負のダイポールモード現象」が発生する可能性が高まっているためです。

2017年、2018年、2019年と3年連続で正のダイポールモード現象が発生していましたが、予測通りに進行するならば、2020年は、2016年以来、4年振りに負のダイポールモード現象が発生することになります。

負のインド洋のダイポールモード現象とは?

インド洋のダイポールモード現象は、熱帯インド洋で見られる気候変動現象で、数年に一度くらいの頻度で、夏から秋にかけて発生します。

ダイポールモード現象には正と負の現象があり、特に負の現象が発生すると、熱帯インド洋の南東部で海面水温が平年より高く、西部で海面水温が低くなります。

この水温変動によって、通常時でも東インド洋で活発な対流活動が、さらに活発となり、インドネシアやオーストラリアで雨が多くなります。

一方で、東アフリカでは干ばつが発生しやすくなります。2016年に負のダイポールモード現象が発生した際は、東アフリカの多くの地域で深刻な干ばつが発生し、食料や飲み水の安全が脅かされました。

Photo by iStock

負の現象の日本への影響はまだよく分かっていません(正の現象発生時は、日本は猛暑になりやすい傾向があります)。また、地球温暖化が進行すると、ダイポールモード現象が極端化・頻発化する可能性が指摘されています。

 

どこまで事前に予測できるか?

インド洋ダイポールモード現象は、最先端の科学技術でも、数ヵ月前から事前に予測することが難しいとされています。

その中でも、アプケーションラボのSINTEX-Fと呼ばれる予測シミュレーションは、スーパーコンピュータ“地球シミュレータ”を使って、数ヵ月前からインド洋ダイポールモード現象の発生予測に成功した実績があります(たとえば、2019年の正のダイポールモード現象の発生予測は的中しました。くわしくは、プレスリリース「2019年スーパーインド洋ダイポールモード現象の予測成功の鍵は熱帯太平洋のエルニーニョモドキ現象」)やコラム「今夏、インド洋に正のダイポールモード現象が発生」)