売り切れが続出したユニクロのマスク photo/gettyimages
# アパレル # マスク

大人気「ユニクロのマスク」を超える「凄いマスク」があった…!

オシャレ&機能が両立のマスクの選び方

ユニクロが6月19日から売り出したエアリズムのマスクに若い人が殺到し、ECサイトはアクセス集中でつながらず、店頭では長蛇の列ができて“三密”が危ぶまれる事態となった。それだけユニクロの機能性神話が期待されたということだろうが、逆に言えば、氾濫する防染性能の怪しいファッションマスクに多くの若い人が疑念を持っていたという証でもある。蒸し暑い季節が迫って快適性も欲しくなる中、「オシャレと機能を両立するマスクの選び方」をファッション流通コンサルタントの小島健輔氏が解説する。

ユニクロのエアリズムマスクはすぐに「売り切れ」となった photo/gettyimages
 

ユニクロのエアリズムマスクは「優れもの」だが…

ユニクロが売り出したエアリズムのマスクはBFE99%(3.0ミクロン濾過)と一般の使い捨て不織布マスクと遜色ない防染機能を確保しながら、紫外線90%カット、サラサラな肌触りで洗って使えるという優れものだ。S、M、Lの3サイズがあって、子供から男女まで、ほとんどの人をカバーする。これで3枚組990円(税別)ならお買い得だから、購入希望者が殺到するのも不思議はない。

お一人様1セットまでの販売制限があるが、毎週50万セットを供給するとしているから、いずれ行き渡るだろう。

アパレル業界に氾濫するファッションマスク(布マスク)のほとんどがオシャレ先行で、肝心の防染機能が怪しかった中、BFE規格(3.0ミクロン濾過)99%というテスト結果を明記したエアリズムマスクの功績は大きい。実際、巷に溢れるファッションマスクの多くは抗菌効果を謳ってもウイルス濾過試験結果を明示しておらず、アベノマスク同様、コロナウイルス防染には気休めでしかない。