マットな黒の急須は茶渋も目立ちにくい

急須の産地として知られる常滑市で生産された急須は烏泥を用いたシックな色合い。マットな質感で土の素朴さが際立つ。平急須 横手 烏泥(H7.5×W17.5×D13.2cm)¥5800/東青山(東屋)☎03-3400-5525

美しい佇まいで至福の一服を味わえる

赤黒のコントラストが美しい絞り出し宝瓶は一人分を淹れるのに最適。村田益規 窯変焼締絞り出し(H7.5×W11×D11cm)¥18000/ディ ヨンナナ デザイントラベルストア(スペースとこなべ)☎03-6427-2301

出しっぱなしでもサマになるデザイン

モダンなデザインの萬古焼の急須は、ライフスタイルにそっと寄りそう。kyu-su L(H9×W15.5×D17.5cm)¥6250/ジャーナル スタンダード ファニチャー 渋谷店(yumiko iihoshi porcelain)☎03-6419-1350

手入れしやすいから毎日気兼ねなく使える

軽くて手入れがしやすい大ぶりな急須は、茶葉の開いた2煎目を淹れる際に蓋の穴を茶こしとして使える。しぼり出し急須(H9×W18×D16cm)¥6000/中川政七商店 表参道店(かもしか道具店)☎03-3409-2260

極上の玉露はとっておきの急須で淹れたい

緋襷の急須は小ぶりサイズで玉露などとっておきのお茶を飲むのに使いたい。村田益規 急須(H8×W11.5×D12cm)¥25000/ディ ヨンナナ デザイントラベルストア(スペースとこなべ)☎03-6427-2301

圧倒的に軽やかな急須は格別の持ちやすさ

職人の技が光る手挽き急須は持ったときの軽やかさに驚く。コロンと愛らしいフォルムは焼き締めの美しい表情に注目して。丸急須 横手 手引き(H8.5×W15×D11cm)¥15000/東青山(東屋)☎03-3400-5525

●情報は、FRaU2020年5月号発売時点のものです。
Photo:Suzuki Shizuka Writing:Imari Ito(write away)