学べるのは決断力と人を動かす力

私は、ハーバード大学生を講師陣にして英語サマースクールSummer in JAPANを開講して8年になります。今年は新型コロナウイルスの影響で、オンライン化を計画しているので、オリジナルのウェブサイトをハーバード大学のコンピュータサイエンス専攻の学生たちと構築中です。エンジニアとデザイナーから構成される彼らの仕事に、ムダは一切ありません。質問は短く的を得ている、プレゼン資料は短く隙がない、いわゆるジョブ型(職務が明確に文書化されている)です。

Summer in JAPANの授業風景。毎年すぐに満席になる人気サマースクールだが、コロナ禍の今年はオンラインで開催予定だ 写真提供/廣津留真理

最後のメリット3。彼らとのオンラインミーティングのたびに感心するのですが、何に関しても決断が早いため仕事は常に時間内に終わり、あとは笑顔で数分、近況アップデートとジョークの余裕があるということです。仕事が終われば、音楽やスポーツといった趣味やボランティアなどに打ち込む時間の余裕も十分にあるわけで、人生を楽しむ心の余裕もまったく違います。娘のすみれも、ハーバードとジュリアードでできた世界中の仲間たちと、演奏、アーティストのマネジメント、執筆、教育など、様々な活動に精力的に取り組む日々を送っています。

これからの時代に必要な英語力とは、文法マスターでも入試対策でもありません。人を動かし説得し、常に決断していく行動を学ぶことです。「日本の学校内だけで通用する英語」「受験勉強のための英語」ではなく、グローバルに通用する英語を学ぶことは、実は子どもたちに、自分の意見を効果的に発表し、人を動かし、同調圧力に負けず「よっしゃ、今、しゃべっちゃえ!」「やっちゃえ!」と決断させる人材育成なのです。

子どもの力を信じてください。

子どもたちの力は素晴らしい。その力を引き出すには、ひたすらABCをうつして書くよりも、その力を信じていきなり生の英語に触れさせていく方がいいのだ Photo by Getty Images



構成/下井香織

------------------
廣津留さん主催
オンラインサマーキャンプ受付中!

現役ハーバード生を講師陣に迎えて大分で開催され、8年目を迎えるサマースクールSummer in JAPAN。この夏は特設ウェブサイトを使い、少人数制でコンピュータサイエンス、演劇、英語プレゼン、高度な英作文などのオンライン授業を行う。体育の授業や部活も! ただ今、参加申込み受付中。受講生募集ページはこちら:https://summerinjapan.com/application2020/
-------------------

衝撃のひろつるメソッド®︎を家庭で学べる
日本最速英語ドリル誕生!


英語ぐんぐんニャードリル ひろつるメソッド 最短最速! ゼロから一気に中2終了』人気英語公開講座「ひろつる式 ゼロから一気に中2終了」75分のライブレッスンを1冊に再現。「読む」「聞く」「書く」「話す」の英語4技能をすべてカバー。1日たった5分3ヵ月で、コロナ休校による遅れも一気に取り戻せるばかりか、未来の武器になる英語力を先取りして身につけられる。可愛いネコのキャラクター「ニャーた」「ニャーみ」と一緒に、楽しく学習できるのもポイント。英単語・英文にはQRコードからアクセスできる音声付き。文部科学省後援英検5級・4級対応。