〔PHOTO〕gettyimages

朝鮮労働党幹部が明かした「金与正・南北共同連絡事務所爆破」の真相

文在寅に分からせてやることにした…

文在寅政権に吹くすきま風

先週6月25日、朝鮮戦争(1950年~1953年)が勃発して、70周年を迎えた。この戦争は、35年にわたる日本の植民地支配を脱したばかりの朝鮮(韓)民族にとって、まさに癒えない傷口に塩を塗るような悲劇となった。

それは、南側をバックアップするアメリカと、北側をバックアップするソ連・中国という大国が、その後、半世紀近く繰り広げることになる冷戦の序章でもあった。

朝鮮戦争については、3年にわたり当時の関係者たちを綿密に取材した拙著『北朝鮮を継ぐ男』(草思社、2003年)で詳述したので、興味のある方はご覧いただきたい。

朝鮮戦争開戦から70周年のこの日、日曜日の夜明け前に急戦を仕掛けた「加害者側」の北朝鮮は沈黙を貫いた。だが「被害者側」の韓国は、文在寅(ムン・ジェイン)大統領が主催して記念行事を執り行った。

それは、日が暮れた夕刻に、ソウル空港の格納庫の中で開くという異例のものだった。「青瓦台」(韓国大統領府)は、「猛暑による高齢の参加者たちの健康に配慮したため」と説明した。

場所と言い時間と言い、文政権の尋常でない国家功労者たちに対する気遣いが感じられる。換言すれば、北朝鮮を「恩讐の主敵」とみなす韓国軍OBたち(とその家族)と、「敵ではなく同胞(仲間)」と考える文在寅政権の乖離、すきま風は、とめどもなく大きい。

今年のイベントのテーマは、「英雄たちへ」だった。英雄とは、朝鮮戦争で殉職した兵士たちのことだ。

〔PHOTO〕gettyimages

スピーチに立った文在寅大統領は、まず朝鮮戦争について、こう総括した。

「尊敬する国民の皆様、戦争功労者及び遺族の皆様、本日、私たちは、韓国(朝鮮)戦争70周年を迎え、177人の勇士の遺体を安置した。ソウル空港は、英雄の帰還を歓迎する最も厳粛な場所となったのだ。(中略)

しかし、私たちはいまだ、戦争を真に記念することはできない。まだ戦争が終わっていないからだ。今、この瞬間も戦争の脅威は続き、私たちは目に見える脅威だけでなく、内部の見えない反目とも戦争を行っている。

韓国戦争で国軍13万8000人が戦死した。45万人が負傷し、2万5000人が行方不明になった。100万人に達する民間人が死亡、虐殺、負傷で犠牲になった。10万人の子供たちが孤児になり、320万人が故郷を離れ、1000万人の国民が離散の苦しみを経験した。

当時、戦争から自由になれる人は、ただの一人もいなかった。民主主義は後退し、経済的にも残酷な被害をもたらした。産業施設の8割が破壊され、2年分の国民所得が灰と化した。社会経済と国民生活の基盤が崩れ、戦争後も南北は長い間、冷戦の最前線で立ち向かい、国力を消耗しなければならなかった。

だが、韓国民族が戦争の苦しみを経験している間、むしろ戦争特需を享受した国もあったのだ」

 

おしまいの「戦争特需を享受した国」というのは、明らかに日本に対するイヤミである。文脈上、蛇足のように思えるが、どうしても入れたいのが文政権なのだろう。文在寅政権にとって、「主敵」は北朝鮮ではなく日本だということを示唆してもいる。