ご存じですか? 日本で初めて「電車」の運転が行われた日

サイエンス365days

"サイエンス365days" は、あの科学者が生まれた、あの現象が発見された、など科学に関する歴史的な出来事を紹介するコーナーです。

数十万人が体験した日本初の電車

1890(明治23)年の今日(5月2日)、東京の上野公園で開催された第3回内国勧業博覧会において、日本で初めて電車の運転が行われました。

この電車は「東京電燈スプレーグ式電車」と呼ばれており、日本初の電力会社であった東京電燈会社が博覧会のためにアメリカの馬車鉄道用車両メーカー「J.G.ブリル社」から購入したものでした。

上野公園内に約310メートルのレールが設置され、7月31日の会期最終日まで、展示物として運賃を取って来場者に体験乗車をさせるデモ運転を行いました。

日本では、1872年に新橋駅 - 横浜駅間で蒸気機関にによる日本初の鉄道が開業し、その後1880年には馬によって列車を牽引する「馬車鉄道」も営業を始めるなど、鉄道への注目と需要が高まっていました。

博覧会では数十万人が電車を初体験しに訪れ、電車が日本に本格的に導入されるきっかけになったといわれています。

Photo by Kodansha Photo Archives

関連記事