何が「電子政府」だ? 日本政府のITはなぜこうもダメダメなのか

癌は官庁のトップと政治家だ

コロナをめぐるさまざまな対策で、日本政府のITの実力のなさが暴露されている。

日本の生産性が低い基本的な理由は、日本政府のオンライン化が、この20年間まったく進まなかったことだ。

行政のトップや政治家が正しいIT感覚を持たない限り、現状を変えることはできない。

接触確認アプリが初日から躓く

接触確認アプリは、うまく機能すれば、コロナと共存する社会での強力な武器になる。ただし、使われるかどうか疑問だ。6月21日公開の「コロナ長期戦の切り札『接触確認アプリ』は機能するのか?」でこのように書いた。

しかし、実際には、私が心配していたことが起こる以前のトラブルが生じてしまった。

このアプリは6月19日に運用が始まったのだが、早くも初日に不具合が生じて、運用停止になってしまったのだ。

厚生労働省HPより

感染を自己申告する際に必要な8桁の「処理番号」の発行を受けなくても、任意の数字を入力すれば「完了しました」と表示されてしまう。これでは、感染していない人でも「感染した」という情報を入力できることになり、混乱が生じる。

 

厚生労働省は、不具合を認めて、修正を進めている。修正を終えるまでは感染を申告できず、通知もされないという。つまり、アプリは使えない状態なのだ。

6月26日 の段階では、アプリの修正に1週間はかかる見通しだ。