楽天はスマホ事業に力を入れるが… photo/gettyimages

楽天スマホは「使える」のか、「ダメ」なのか…その正解がわかった!

「使うべきかどうか」の正しい見極め方

リモートワークで「ギガ死」した…

新型コロナがきっかけでリモートワークが始まったのが、私の場合は今年の3月の頭だったのですが、3月の下旬にすでに仕事環境に異変が起こりました。3台持っている携帯のSIMのデータ量がすべて上限を超えてしまったのです。

メインで使っているスマホが7GB、サブ機が3GB、タブレット端末用が2GBというのがこの時点での私の仕事用スマホの構成で、これで過去5年以上、何の問題もなく仕事ができていたのです。それがリモートワークを始めて2週間強でデータ量をすっかり使いきってしまいました

理由はみなさんもご経験だと思いますがZoom会議というやつです。考えてみればあたりまえで、取引先と動画会議をしているということはそれだけの時間、動画のアップロードとダウンロードを繰り返しているわけで当然利用データ量は激増します。

Zoom会議で「ギガ喰い」される photo/gettyimages
 

今回の記事の文脈がしっかり伝わるように、私の仕事環境をもう少し具体的に説明します。仕事日は普通の会社員と同じ平日で、経営コンサルタントの仕事をするときはほぼ外出先で、この記事を書くような経済評論家の仕事は自宅から少し離れたところに借りた書斎兼オフィスでこなしています。

この書斎兼オフィスには自宅と違ってインターネット回線を引いていません。理由はスマホのテザリングで十分にネットが使えたからです。そして今回、新型コロナの自粛で経営コンサルタントの仕事がすべてリモートになり、3月以降、ほぼほぼ毎日、この書斎兼オフィスに籠っていたところ、スマホのデータ量が枯渇してしまったという話です。