新型コロナの影響でしばらく中断していた出生前診断の議論が、再び動き出した。6月20日、日本産科婦人科学会は「NIPT(新型出生前診診断、無侵襲的出生前遺伝学的検査または母体血を用いた新しい出生前遺伝学的検査」の実施基準を緩和する改定ガイドラインを取り決め厚労省に提出すると発表した。厚労省では昨年ワーキンググループが立ち上がり、あるべき体制を模索している。

出産ジャーナリストの河合蘭さんが、親の声に耳を傾けて綴る連載「出生前診断と母たち」。15回目を迎えるこの連載は、出生前診断の本質を、妊婦の立場から問い続けてきた。

今回は、胎児にダウン症があると知る体験が2回も続き、それぞれに違う道を選び取ったご夫婦に貴重な体験を語っていただいた。

河合蘭さん連載「出生前診断と母たち」今までの連載はこちら

出生前診断への思い

樋口好美さん・貴彦さん夫婦 は、2人の子どもを育てている。下の楓季(ふうき)くんは生後5ヵ月の男の子で、40歳の高年齢出産だったが、妊娠時から今に至るまで特に何か言われることもなくすくすくと育っている。

現在5ヵ月の楓季くんを抱く父の貴彦さん 撮影/河合蘭

一方、3歳になる上の女の子・綺星(きほ)ちゃんは、ダウン症がある。樋口さん夫婦は、妊娠中から、そのことはわかっていた。NIPT(新型出生前診断)と羊水検査を受けてはっきりと告知を受けていたのだが、夫婦は妊娠継続を決めた。

楓季くんから3歳年上のお姉ちゃんである綺星ちゃん 撮影/河合蘭

そして実は樋口さんたちには、綺星ちゃんの上に、もうひとり産まなかった子がいた。綺星ちゃんは、好美さんが二度目に妊娠したダウン症児だった。

連続してダウン症の子を授かるという、そんな稀有な経験をした樋口さん夫婦は、出生前診断を受けて産む人の気持ちも、産まない人の気持ちもよくわかるという。
「産むこと、産まないこと、どちらかを人にすすめる気はまったくありません。出生前診断については、これが正しいことであれは正しくないといった話はしてほしくありません」