Photo by iStock

人を要介護に近づける「フレイル」とは? 自粛しながら防止できる?

「新しい生活様式」でリスク増加も
新型コロナウイルスの感染予防のために、国民ひとりひとりの外出自粛が重要になっています。一方で、高齢者が長い間家に閉じこもってしまうと、「フレイル」が懸念されます。この「フレイル」とはどういう事態なのでしょうか? どのように防げばよいのでしょうか?
〈オリジナルサイトはこちら

自粛生活に潜むフレイルの危険性

一度は収束の気配がみえてきた新型コロナウイルス感染症ですが、第2波、第3波の感染拡大の可能性が専門家に指摘されており、引き続き予防が欠かせません。そのために、国からも「新しい生活様式」が推奨されています。

特に高齢者は感染すると重症化しやすいことから新しい生活様式を徹底したいのですが、気になるのが、新しい生活様式では外出や屋外での活動が制限されることです。

Photo by iStock

自粛生活中、家に閉じこもりがちになっていた高齢者は多いのではないでしょうか。これまで定期的にスポーツやジム通いなどをしていた方も含め、今後も外出や屋外活動の機会が減ってしまうでしょう。

そこで、高齢者の場合、心配されるのが「フレイル」の問題です。

フレイルとは、「要介護リスクが高まった状態」を指しますが、具体的にどのようなものか知っておきましょう。また、新しい生活様式のなかでフレイルをどう予防していけばいいのか考えます。

そもそもフレイルとは、どんな状態?

フレイルは、虚弱や老衰を意味する英語のFrailtyが元になった言葉で、歳を取ることによって心身の機能が衰え、介護が必要になるリスクが高くなった状態のことです。健常から要介護へと移っていく中ほどの段階ともいえます。

 

そのまま放置すれば近い将来要介護へと進む可能性が高いものの、適切に治療や予防をすれば要介護状態にならずに済むこともあります。

フレイルは、「フレイル・サイクル」という悪循環を通して進行していきます。加齢や他の原因によって筋力や筋肉量が低下すると運動量が減ります。すると、食欲があまりわかず少食気味になり、栄養の摂取量が減少します。これによって低栄養の状態が続くと、体重および筋肉量が減少していきます。

この状態になると、転倒や骨折、持病の悪化を招きやすく、それが原因で要介護状態になるリスクが高まるのです。

この悪循環に陥らないようにするには、単に運動をするだけではなく、身体、精神・心理、社会の3つの要素をバランスよく組み合わせて対応することが大切です。これら3つの要素には、フレイルの原因になる具体的な問題が含まれています。

身体的要素:低栄養、口腔機能低下、骨粗しょう症、サルコペニア(全身の筋力低下)など

精神・心理的要素:軽度認知障害(MCI)、認知症、うつ

社会的要素:孤立、孤食、孤独

フレイルの原因と予防のポイント

こうしたことから、フレイルを引き起こす要因は日常生活に潜んでいることがわかります。そのため、フレイル予防のポイントとして次のようなものがあげられます。