Photo by iStock

ユニクロに潰された数々の企業に学ぶ「変われないことの危険性」

敗れるときは一瞬、二度と戻れない

安いけど着るにはダサい。消費者以上に、アパレル業界はユニクロの存在を長らく冷ややかに見ていた。だから、突然「ユニクロはおしゃれ」が常識になったとき、他社は太刀打ちできなくなってしまった。発売中の『週刊現代』が特集する。

「我々にはマネできない」

1970年から約半世紀にわたって、高級ブランド「バーバリー」のライセンス販売を行っていた三陽商会。その元幹部社員が、ユニクロの登場時をこう振り返る。

「ユニクロのモノは安くて買いやすいけど、着ているのがバレたら恥ずかしい。最初は、誰もがそういう印象だったと思います。

当時、三陽商会も『目指すところが違う』企業だと思っていました。同じ洋服を取り扱っているけど、異業種というか。

けれど、ある日突然、世間の洋服に対する考え方が百八十度変わり、ユニクロが『おしゃれ』だという時代になった。正直に言えば、認めたくない。でも、それが今のファッションの当たり前なんですよね」

 

コロナの影響で、アパレル業界はかつてないほどの窮地に立たされている。売上高2兆円超を誇るファーストリテイリング(ユニクロ)も、今年5月の既存店売上高は約2割減だった。

それでも、6月19日に発売した「エアリズムマスク」は売り切れが続出。逆境を勝機に変え、またもユニクロ「一人勝ち」の体をなした。

冒頭の三陽商会元幹部が続ける。

「(ユニクロの)柳井さんは4月の決算会見で、『マスクは作らない、服を作るのが本業だ』と渋い顔をしていたはずです。なのに、それから2ヵ月で販売まで漕ぎ着けた。

嫌味な言い方をすれば、経営者として節操がないですよね。でも、信念とかにとらわれず、売れると思ったらすぐにやる。今やそれが企業の生存戦略の本筋だけれど、既存のアパレルにはマネできない」