【マンガ】女子中学生が風呂場で絶望…家族全員から突然無視されたワケ

極限状態の人間ドラマ

グロテスクな政策

中学二年生の道端たんぽぽは、幸せな毎日が続くことを信じ切っていた。しかし、突如日常は崩壊した。奇妙でグロテスクな政策に巻き込まれたからだ。

「無作為選出対象者無視法」…通称“くにはちぶ”と呼ばれる法律の対象者に選ばれ、日本中全国民から“無視”をされることになった、たんぽぽ。

 

友達からも、家族からさえも…。戦慄のサバイバル・サスペンスが開幕する。

話題の漫画『くにはちぶ』の最新話で、たんぽぽはついに家族からも完全に無視される。風呂場で悲しみに打ちひしがれるたんぽぽ。だが、さらなる絶望が彼女を待っていた——

担当編集者はこう語る。

「学生時代、多かれ少なかれ“無視”というイジメを目撃したことのある方は結構いらっしゃるのではないでしょうか?

そんな状況に、国のお墨付きがある中で放り込まれてしまうと、“無視”される側、する側はどういった気持になり、どんな行動をとってしまうのか?

極限の状態で現れる人間性ドラマがぐいぐい心に刺さる、WEBでも非常に話題になっている衝撃作です」

【各務浩章】

現在、少年マガジンエッジにて『くにはちぶ』連載中。