# 新型コロナウイルス

解約、忘れていませんか?コロナ家計を蝕む「サブスク支出」のヤバさ

ナゼか“お金を払い続けてしまう”ワケ
松崎 のり子 プロフィール

なぜか毎月お金を払い続けてしまうワケ

こうしたサービスでは、契約月はお試し期間として利用料金が無料になる「入り口無料」のスタイルをとっている事業者が多い。無料をエサにすることで、エントリーのハードルを下げることができるからだ。

特にスマホの場合、契約時に音楽配信などのサブスクサービスがセットされているケースが多く、「今月は無料で使えます」といわれ、そのまま解約していないユーザーも少なくないだろう。支払いはスマホのユーザーIDに紐づいて電話代と一緒に引き落とされるため、払っているという意識も薄い。

クレジットカードで契約するネット動画配信サービスも同様で、現物もレシートもないカード払いをいちいち覚えていないものだ。かくして、お金を使った意識なく、時にはすっかり忘れたまま続けてしまう。

Photo by iStock
 

次に、解約を阻むのが「保有効果」と「現状維持バイアス」の二つの心理だ。

保有効果とは、いったん手にしたものを手放したくないという心理を指す。無料お試し期間にサービスを体験すると、その権利がなくなることが惜しくなる。動画見放題、マンガ読み放題の生活が、もう明日からできなくなると考えると耐え難いと思うわけだ。

そこに現状維持バイアスも拍車をかける。これは今の生活をなるべく変えたくないという心理で、例えば転職すると収入がもっと上がると勧められても、不満がないからこのままでいいよと現状維持を選択する傾向が人にはある。もし環境を変えて、損や不都合が起きたら――と恐れるからだ。

しかも、現状を変えるためには自らが能動的に動く必要がある。サブスクならサービス解約の手続きをしなくてはならず、それがなかなか面倒だ。

編集部からのお知らせ!

関連記事