# 北朝鮮

北朝鮮の「女帝」金与正、じつはこれから「大粛清」されるかもしれない…!

「張成沢の二の舞」になる可能性も
橋爪 大三郎 プロフィール

抹殺か、一生軟禁か…

さて本題は、なぜ金与正が急に、政治の表舞台に登場し、金正恩の「後継者」になったのか。金正恩はまだ30代半ば。順当なら、彼の息子が後継者になる。しかし、健康問題が持ち上がった。

父親の金正日も、健康に問題があった。あわてて三男の金正恩を後継者に仕立てた。金正男(長男)と金正哲(次男)は外された。金正男はのちに、金正恩の命令で毒ガスで暗殺された。金王朝では、後継者にならなかった息子たちは、抹殺されるか、一生軟禁されるのだ。

金正恩は持病で、いつ死んでもおかしくない。そこで後継者に、金与正が急浮上した。独裁政権の安定のためには、それしかなかったのである。

photo by iStock
 

金正恩には、妻の李雪主がいる。彼女は高級幹部の娘ではない。子どもが三人いるが、まだ小さい。男の子がいるかどうかよくわからない。

男の子がいる場合、金与正の役目はワンポイント・リリーフ。男の子が成人するまでのあいだ、後見人の役目をつとめます、である。

金与正は、金正恩の遺訓に従うと言って、実権を握る。独裁者として意思決定もする。みながそれに従うのは、「白頭山の血統」を守るためだ。