Photo by gettyimages

米下院議員が暴いた「WHOと中国の不都合な真実」ヤバい報告書の中身

隠蔽、印象操作、デタラメの数々

新型コロナを世界に拡大させた原因

米下院外交委員会のマイケル・マッコール筆頭委員(共和党)が6月15日、中国共産党による新型コロナウイルスの隠蔽や世界保健機関(WHO)の不適切な対応に関する調査報告書を発表した。とりわけ、WHOの酷さは「これほどだったか」と、あらためて驚かされる衝撃的な内容だ。

新型コロナについては、英国のシンクタンク、ヘンリー・ジャクソン協会が4月5日、「コロナウイルスの代償?〜中国の潜在的犯罪性と法的対応手段」と題した包括的な報告書を発表している(https://henryjacksonsociety.org/publications/coronaviruscompensation/)。マッコール報告は最新状況をさらに深堀りし、WHOの責任を鋭く追及した点で読み応えがある。同氏は米議会の「中国タスクフォース」議長でもある。

マッコール議員は外交委員会のプレスリリースで「数カ月にわたる調査の結果、中共は新型コロナの感染を世界に広げるうえで、決定的な役割を果たした」「WHOは中共の言い分を検証することなく、オウム返しに語る一方、自分たちの専門家が出した警告さえ無視して、事態を悪化させた」と厳しく批判した(https://gop-foreignaffairs.house.gov/press-release/mccaul-releases-interim-report-on-origins-of-covid-19-pandemic/)。

Photo by gettyimages
 

報告書のポイントをいくつか紹介しよう。

〈パンデミック(世界的大流行)の初期段階〉
・中国共産党は2019年12月半ばの時点で、全面的な公衆衛生上の対応が求められるのに十分な情報を得ていた。
・中共は繰り返し、かつ意図的に「2005年国際保健規則」で義務付けられたルールに違反した。規則は2002年から04年にかけて発生した重症急性呼吸器症候群(SARS)への対応に中国が失敗したために、定められたものだ。
・WHOは台湾や外部の専門家、メディアによる報告を無視した。