(撮影:岡田康且)

109元カリスマ店員が語る、「90年代の渋谷」に女子が熱狂したワケ

販売員はなぜ憧れの仕事だったのか

中高生相手に、月2億円売り上げた

「一番多いときで、1ヶ月の売り上げは2億円。セール時でもない、普通の日の売り上げですよ。お客さんはほとんどが女子中高生。会計は全て現金です。お小遣いやお年玉を貯めていたのか、四つ折りにした千円札を握りしめて買いに来てくれました。

店頭で私が着ている服を上から下まで買いたいという子も多かったので、1日に何度も着替えました。覚えている限りですが、私が着ていた、合わせて5000円くらいのワンピースとスカーフのセットが、2時間で300着も売れたんです」

渋谷駅前の喫茶店の片隅で、森本容子さんはこう振り返る。1977年生まれ、42歳。彼女はかつて、渋谷のファッションビル「shibuya109(以下、109)」の販売員として一世を風靡した。1990年後半から2000年初頭にかけてのことだ。

森本容子さん(撮影:岡田康且)
 

2019年11月に「渋谷スクランブルスクエア」「渋谷パルコ」、12月に「東急プラザ渋谷」が開業し、100年に一度と言われた渋谷の再開発はいまだに大きな話題となっているも落ち着きを見せた。現在は、成熟した大人や訪日客もターゲットにしたこれらの商業施設が今注目を浴びているが、2000年前後の渋谷を象徴していたのは、間違いなく109だった。

当時、109はミニスカートやタイトなボディラインのややセクシーな「ギャルファッション」の聖地として知られていた。森本さんはその聖地の店頭に立って服を売るだけでなく、ブランドの顔として毎月のように雑誌に登場。独自のファッションやメイク、ライフスタイルで中高生から絶大な支持を得る森本さんたちのことを、世間は「カリスマ店員」と呼んだ。

1999年には新語・流行語大賞(現・ユーキャン新語・流行語大賞)のトップテンに「カリスマ」が選ばれているが、受賞者は「渋谷109 カリスマ店員の皆さま」だ。アパレル不況と言われている今では考えられないことだが、20歳前後のショップの販売員と女子中高生たちが莫大な経済効果をもたらしていたのだ。

「カリスマ」とはいえ、販売員たちはいわゆる素人。タレントやモデルでもない「身近な女の子」になぜ女子中高生は熱狂したのか。