辿り着いた受信フォルダ50

そして、ついに辿り着いた。受信フォルダ50。Gmailの場合、1ページ以内に収まる。作業時間は7時間。長かった。

すると、「ピコン!」と1通のメールが届いた。私は反射的に思った。

「フォルダ分けしなくては……!」

メールを開くと驚いた。これはあの人からのメールでこういう内容でこういうことを質問されている。じゃあ、こういうことを答えて返信すればいいんだ。脳に最適解がドヴァーッと押し寄せてきた。その思いのままに返信する。返信後、該当するフォルダにイン。

「なにこれ……めちゃくちゃ気持ちいい……!」

光が……! Photo by iStock

メールはコンスタントにやってくる。受信フォルダに未読メールが届くたびに、「今この瞬間〇〇さんが私宛にメールを送ったんだな」と、なんだか嬉しい。気持ち悪いかもしれないが、高校生のとき、はじめて携帯電話を持ってクラスメートとやりとりしていたときを思い出す。即座に返信する。そして、該当フォルダにイン。脳汁ドヴァー。

そして6月今日まで、テニスのラリーのように届いたメールを秒速で打ち返す日々を送っている。受信フォルダは50通以内。一言でいうと人生が変わった。今何をしなければいけないのか、常に可視化されている。私が今やらなければいけないタスクは50。しかも、すべて把握している。

先日、仕事相手からこんなメールが届いた。

「早速のご確認ありがとう! 対応がめっちゃ早くて助かります」

今までの人生でこんなことは言われたことがない。なんだか泣けてきた。

というわけでメールフォルダの断捨離、おすすめです。

人気のスチーマーが当たる! 
「コロナ自粛後」の生活の違いアンケート

講談社5メディア合同アンケートを実施しています。厳しい自粛生活を経た今の皆さまのリアルライフについて是非お聞かせください。アンケートにお答えいただいた方の中から抽選で、「パナソニックビューティ スチーマーナノケアEH-SA3A(抽選で2名様)」「図書カード2000円分(抽選で合計100名様)」をプレゼントいたします。当選者発表は賞品の発送をもってかえさせていただきます。