写真提供:大宮アルディージャ

裸足の子供たちとサッカーを…大宮アルディージャ「笑顔のプロジェクト」

広がりを見せる国際交流事業

アジアの子供たちに笑顔を

継続は力なり――。サッカーの国際交流事業においても、そう言えるのかもしれない。

2012年にJリーグがアジア全体におけるサッカーのレベル向上などを目的として「アジア戦略室」(現在はアジア室)を立ち上げたことをきっかけに、大宮アルディージャは2014年から「アジアの子供たちに笑顔を届ける」を合言葉にして東南アジアを中心にサッカー教室を展開してきた。

写真提供:大宮アルディージャ
 

ラオスでスタートしてから現在まで68回。カンボジア、ミャンマー、ベトナム、ブータンなど9ヵ国に及ぶ。その活動は国内外通じて広く認知されるようになり、今年1月には埼玉県から「埼玉グローバル賞」を受賞した。

最初はJCBの一社スポンサーから始まり、JICA(国際協力機構)、JETRO(日本貿易振興機構)、国際交流基金アジアセンター、外務省、経済産業省などの機関、行政の支援、協力を得ることができている。スポンサーも増えて昨年からは商社のCBCが新たに加わるなど、事業としても拡大している。

2014年にこの事業を立ち上げたのが、事業本部グローバル推進マネジャーの秋元利幸さん、47歳。早稲田ア式蹴球部の主将として大学日本一を経験した彼は徳島ヴォルティスなどでプレーし、現役引退後はアルディージャでチームのマネジャー、広報、強化部スタッフを務めてきた。